クリニックの医療レーザー脱毛とエステサロンの光脱毛の違い

1. エステのほうが脱毛機の出力が弱い

 

ほぼ完全に毛を生えなくする「永久脱毛」は、クリニックのレーザー脱毛になります。
レーザーは、波長が単一で、まっすぐ一方向にエネルギーを持ったまま進む光のことを言います。

 

一方、エステで使っているのは、フラッシュライトといって、
紫外線〜可視光線〜近赤外線までの光の種類になります。

 

レーザーとは違い、より自然光に近く、波長が複数にわたり、
四方八方に広がるため、エネルギーが弱まります。
そのため、毛を生えなくする力はレーザーより弱いです。

 

2. 光脱毛は回数がかかる

 

エステの光脱毛は出力が弱いので、多くの場合12?18回、
ムダ毛がほぼない状態にするまでかかりますが、医療レーザーの場合、
8?10回で施術終了することもあります。

 

施術を受ける期間も多少の差はありますが、約1〜2ヶ月おきとして、エステサロンは2年から3年、
クリニックは1年から1年半前後で、脱毛完了するのが目安です。

 

3. 医療レーザー脱毛のほうが痛い

 

医療用レーザーのパワーは光脱毛の光と比べて強く、「熱い天ぷら油がはねてきたような痛さ(熱さ)」、
「強い力で弾かれるような痛み」と表現するレーザー脱毛経験者もいます。光脱毛の場合は、
光を当てた箇所が少し熱い、もしくは温かいという程度で、痛みをほとんど感じなかったり、
輪ゴムでパチンとはじかれる程度の刺激という方がほとんどです。

 

いずれにせよ、痛みには個人差がありますので、
施術の時に痛ければ出力を調整してもらえるので、我慢せず伝えるようにしましょう。

 

4. クリニックの医療レーザー脱毛はエステサロンの光脱毛より値段が高め

 

エステの光脱毛は、料金がとてもお得になっている場合がほとんどです。

 

複数部位のコースでも、数万円代でおさまることも。
一方、医療レーザー脱毛は、光脱毛に比べると料金は高めで、
多くの場合、1部位でも数万円単位が基本です。

 

5. 医療脱毛と美容脱毛の違い

 

法律的に言うと、エステは「特定継続的役務提供」にあたって、
期間が1ヶ月以上・金額が5万円以上の契約は、8日間は無条件に契約を撤回できる
「クーリングオフ」の対象になっているのですが、クリニックでは医療契約であるという理由で、
クーリングオフの対象にならない場合もあります。

 

施術に関しまして、脱毛サロンでは最後に保湿ケアをしてくれるサロンが多いですが、
クリニックではそういった美肌ケアはやってくれないところが多いです。

 

トラブルに対してのケアとしては、クリニックのほうが事前のカウンセリングも含め医師の診察が受けられますし、
万一トラブルがあれば、同じクリニックで無料で治療が受けられるので、より安心かもしれません。

 

※もちろんエステサロンでも、提携医療機関での治療保証がついていたり、
トラブルへの対応をしっかり行っているサロンも多々あります

 

※クリニックの方が、出力が高く危険が伴うレーザーを使用するので、
よりトラブルの危険性が高いという面もあり、一概にクリニックの方が安全とは言えない場合もあります。

 

以上の違いをまとめると、

 

・エステサロンの方が安くて痛くない。美肌ケアをしっかりやってくれたり、接客が丁寧。
・クリニックの方が脱毛の出力が高い分、効果が高くて、早く脱毛完了できる。
痛みやトラブルの危険はあるが、医師のもとなので安心。