脱毛の歴史

 

皆様、こんにちは。脱毛ラボ 脱毛士の金子です。

 

今回は、脱毛の歴史についてお話させて頂きます。

 

皆様は脱毛って、いつから始まったと思いますか?

 

最近? 10〜20年前じゃないの?と思われるかもしれませんが...
実は! 世界では、何と紀元前3000年も前から
硫黄やデンプンを含む脱毛剤が使用されていたと言われております。

 

かの有名なエジプトの女王クレオパトラも、当時の脱毛剤を使用し、
美の為に脱毛をしていたそうです! そんなに前からあったなんて、びっくりですよね!

 

また、様々な脱毛方法があったと言われておりますが、
無駄毛=不潔なものとして宗教上や衛生面の観点から脱毛は行われたり、
勿論美容の為にも行われたりしたそうです。

 

そういえば、海外の有名な女性が描かれている絵画や彫刻にも、
体毛の存在って描かれてないですよね? 
古代から体毛を除去する習慣が知られており、身だしなみともなっていたようです。

 

では、日本にはどのような歴史があるのでしょうか?

 

なんと始まりは平安時代。日本にも、そんなに前から歴史があったのですね。

 

貴族の女性たちの間で額の形を整えるために、
余分な毛を抜き整える除毛を行い始めたと言われております。

 

そして江戸時代には、貝や軽石を使って抜いていく除毛や、
油と石の粉末を混ぜ摩擦させて行う脱毛剤で身体の脱毛も行っていたようです。
この頃から、全身脱毛は始まっていたのですね! 

 

昔から女性の美に対する意識は高かった事が伺えます。

 

そして、明治時代へと移り変わると、様々な脱毛方法が生み出されましたが、
針を使った痛みや薬品を使い、わざと肌に炎症を起こしたりと負担が大きいものが多かったようですね。

 

その後、海外から電気脱毛が参入し、いわゆるニードルと呼ばれる針脱毛が誕生致しました。
肌に直接針を刺して脱毛をしていくので、痛みがかなりあり、肌への負担が大きいばかりでなく、
かなり高額でなかなか手が出せる人は少なかったようです。

 

そこから、30~40年後、クリニック脱毛の主流であるレーザー脱毛が生み出されました。
ただし、医師でしか取り扱うことが出来ない為、やはり金額面も高価になってしまいます。

 

そして、今から30年前。ようやく現代の主流・光脱毛が登場致しました。

 

レーザーよりも広範囲・短時間で脱毛処理が可能となり、人気を博してきたのです! 
そして、エステサロンでの脱毛が可能となっていき、脱毛専門店が続々誕生致しました。
今では当たり前のような脱毛ですが、昔から美を追求し、
生み出された脱毛法を何度も試行錯誤し、こうして今を作り上げてきたのですね!

 

昔から、痛みや肌へ対する負荷はなかなか取っても取りきれませんでしたが、
それを可能にし、痛みもなく、肌にとっても優しい!! 毛を無くすだけでなく、女性なら誰もが美しくいたい!と思うように、
しっかりとお肌のケアまで仕上げてくれる。それが、脱毛ラボが行っている最新脱毛・SSC脱毛です!

 

美肌効果を得られるので黒ずみが解消され、毛穴の引き締まりも体感して頂けます。
そして、フォトフェイシャル効果も期待ができ、肌がワントーン程明るくなります!
肌に優しく、短時間で美しく生まれ変われるSSC脱毛で悩みを無くし、
半年・1年後の未来を一緒に明るくしていきましょう!